セキュリティにセンシティブな無線データを狙ったさまざまな形の脅威が発生している昨今、
代表的な脅威としてはRogue AP, Key Cracking, MITM (中間者攻撃)、
Fake AP, Firmware Exploitなどがあげられます。

一般ユーザーの観点

無線ネットワーク環境が増加するにつれ従来の悪性コード感染事故やハッキング攻撃はだんだんと個人の日常生活におけるあらゆる場面で発生しています。
今後、無線セキュリティは個別ユーザーの観点から行う必要があります。
ノルマのSecure Wi-Fi Moduleは、ユーザーが安全にWi-Fiに接続出来、セキュリティの脅威にさらされない無線環境で安心して楽しい日常を営めるようサポートします。

企業ユーザーの観点

無線セキュリティに関連したさまざまな法規が施行され次第に強化されています。

ISMS, ISO 27001無線セキュリティガイドライン、国家情報セキュリティ基本指針、金融会社IT保護業務模範規準、中央部処の情報セキュリティ業務規定、公共機関の情報セキュリティ業務規定など、無線ネットワークに対する技術的なセキュリティ措置が義務化されています。
非認可無線接続装備搬入や使用についての随時点検も必須項目です。

強化された無線セキュリティ規定を簡単かつ体系的に遵守出来るようサポートする統合分析ソリューションが必要です!

  • 強化された無線セキュリティ規定

    • 国家情報セキュリティ基本指針
    • 金融会社IT保護業務模範規準
    • 中央部処の情報セキュリティ業務指針
    • 地方自治体の情報セキュリティ業務指針
    • 公社·公団等、公共機関の情報セキュリティ業務規定
    • ISMS無線セキュリティガイドライン
    • ISO 27001無線セキュリティガイドライン
    • PCI-DSS無線セキュリティガイドライン

無線ネットワークに対する
技術的セキュリティ措置義務化

非認可無線接続装備搬入·使用
随時点検義務化

AtEarは、強化された無線セキュリティ規定を企業が簡単かつ体系的に遵守出来るよう開発された移動型無線ネットワーク統合分析ソリューションです。自動化された無線脆弱性分析・点検技術を通じ、貴社の無線ネットワークを安全に管理致します。ノートブックとスマートフォンで手軽かつ確実に無線セキュリティを実践してください。