IVIシステム基盤の最新自動車をはじめとするBluetooth機能を搭載した多数のIoT機器は、
BlueBorneと同様のセキュリティ脆弱性を持っています。
悪性コードの感染から情報流出、機器の遠隔操作による生命の脅威までももたらします。
BlueCareは、ユーザのモバイル機器と車両の間のBluetoothコミュニケーションが
安全に行われるようにサポートします。
今後、自動運転車専用のセキュリティモジュールとして自動車周辺で行われるすべての
無線通信のセキュリティを確保するBluetoothワクチンです。

モバイル機器と車両の間のコミュニケーションセキュリティ

私生活の保護を強調した新たな自動運転システムの安全指針が発表されましたが、
BlueBorneなどBluetoothの脆弱性による運転者情報の奪取事例は増加しています。
BlueCareは車両がネットワークに接続する前、接続後、自動接続時の
Bluetoothネットワークの脅威状況を探知してユーザのプライバシーと安全の両方を守ります。

Bluetoothが適用されている全ての日常を守るBlueCare

BlueCareはBluetooth通信が行われる個別車両のセキュリティのみならず、
相互通信中のほかの車両、高度道路交通システム、スマート機器、
スマートホームの領域までもカバーします。